有料職業紹介 許可番号 13-ユ-309036

03-5730-1331

受付時間 9:00〜18:00
(土日祝はお休み)

ペットナース編集部

  • facebookでシェアする
  • tweetする
  • LINEで送る

動物看護師の仕事ってきつい?きついと言われる理由と乗り越える方法を解説

動物看護師の仕事ってきつい?きついと言われる理由と乗り越える方法を解説
動物看護師の仕事は魅力的ですが、実際には「きつい」と感じる方が少なくありません。その理由としては、長時間労働、緊急対応のストレス、感情的な負担などが挙げられます。本記事では、動物看護師が直面する具体的な困難と、その乗り越え方について詳しく解説します。

動物看護師の厳しい現実

動物看護師のお仕事は、動物たちとの触れ合いも多く、楽しい姿がイメージされますが、その裏側には厳しさも存在します。日々、命を預かる重責と共に多くの困難があり、「動物が好き」というだけで簡単に乗り越えられるものではありません。

長時間労働とシフト制の真実

多くの動物看護師の勤務形態はシフト制であり、夜間や休日も含め、入院しているペットには24時間体制で動物たちのケアが求められます。そのため長時間労働は珍しいことではなく、緊急事態が生じれば、休憩時間を削ってまで対応しなければならないこともあります。このような環境は、肉体的にも精神的にも大きな負担となり、私生活の犠牲を伴います。

感情労働と精神的ストレス

動物看護師の職務は動物たちの苦しみや痛みに寄り添いながら看護をするので、常にストレスを抱えている状態であると言えます。特に治療がうまくいかず亡くなってしまったときや苦痛を伴う治療など、わかっていても精神的にストレスを抱えてしまうことが少なくありません。また、飼い主とのコミュニケーションにおいても、常に感情をコントロールし、適切なケアを心がけなければならないのです。

動物愛護心と専門技術の狭間で

動物看護師は動物を深く愛する心と、高度な専門技術を持ち合わせています。しかし、その両方をバランス良く保つことは容易なことではなく、医療技術を日々磨きつつも、時には感情が専門技術の判断を鈍らせ、どう進むべきか難しい選択を迫られることがあります。動物たちへの愛情と、専門的な知識と技術の間で葛藤することもあり、最善のケアを行うために日々奮闘しているのです。

動物看護師に必要な資質

動物看護師に必要な資質

動物看護師は、動物たちの健康と命を預かる重要な職業です。動物たちの細やかな変化に気づいて適切なケアを行うために、高度な専門知識はもちろんのこと、幅広い資質が求められます。思いやり、忍耐力、責任感、そしてチームワークを大切にする心構えがなくてはなりません。

強靭なメンタルを磨く方法

動物看護師にとって強靭なメンタルは必須です。緊急時の冷静な判断力、時には避けられない死との向き合い方など、精神的な強さが試される場面は多々あります。メンタルを鍛えるにはまずは身体的な健康を保つことが基本です。定期的な運動や栄養バランスを考えた食生活を心掛けることでストレス耐性も高まります。加えて、趣味やリラクゼーションを通して心のオアシスを見つけることも大切です。さらに、同僚や仲間とコミュニケーションを取ることで悩みを共有し、相互に支え合う精神的な支えを作ることが出来ます。

コミュニケーション能力の重要性

コミュニケーション能力は、動物看護師に欠かせない資質です。動物たちは言葉を話すことができないので、動物たちの状態や感情を見極める洞察力と動物との接し方に適した非言語的なコミュニケーションスキルが求められます。また、飼い主との信頼関係構築のためには明確で丁寧な説明と共感的な聴く姿勢が必要です。状況を的確に伝え、時には悲しい報告をしなければならない場合もあるため、優れたコミュニケーション能力が心理的な負担を軽減してくれます。

学び続ける姿勢が求められる

獣医療技術の進歩とともに、動物看護師にも常に最新の知識を身につけ、スキルを磨くことが要求されます。新しい治療法や薬の情報、看護技術など学ぶことは尽きません。専門書の読書はもちろん、セミナーやワークショップへの積極的な参加は新しい学びにつながります。また、現場での経験を反省し、研究することで理論と実践のバランスを取り、日々進化する専門職人としての自身を磨いていきます。

キャリアとしての動物看護師

キャリアとしての動物看護師

動物たちの健康を守り、時には生命を救う使命を担う動物看護師。この仕事は医療の知識と技術だけでなく、動物への深い愛情も求められる特別な職業です。一見、やりがいのある仕事に見えますが、実際には体力的にも精神的にも要求されることが多く、強い使命感と責任感がなければ続けることが難しいでしょう。しかし、その分野での専門性を高め、キャリアアップを図ることができるため、長い目で見れば非常に充実した職業生活を送ることが可能です。

キャリアアップの可能性とは

動物看護師としてキャリアをスタートさせた後、多くの方々は専門性の向上を目指し、さまざまな分野でキャリアアップをしようと考えます。例えば、臨床経験を積み、動物看護の専門認定を受けてスペシャリストになる道があります。また、「愛玩動物看護師」の国家資格を取得することで、より専門的な治療を行うことができ仕事の幅を広げてくれます。また、就業先によっては資格手当をもらえるところもあり、収入面でもアップする可能性があります。

他にも、動物看護師の専門学校など教育機関で後進の指導にあたる教育者としてのキャリアや、研究職へと進む道もあります。これらのキャリアは、基礎知識や経験はもちろん、常に新しい知識を学んでいく必要がありますが、その分、看護師としての価値を高めることができ、多くの達成感を得ることができるでしょう。

専門分野での深化とそれぞれの役割

動物看護師は、単に動物の健康管理を行うだけでなく、さまざまな専門分野で深化させることができます。例えば、獣医師指導の下行われるものもありますが、外科手術の介助、歯科処置、急患対応、リハビリテーションなど、その専門性は多岐にわたります。動物の種類ごとの専門性、病気や怪我の種類に応じた専門性など、さらなる知識と技術を身につけることで、より高度な医療を提供することが可能になります。そしてそれは、動物たちのQOLを向上させることに直結します。

異業種へのスキル活用

動物看護師が培ったスキルは、それ自体でも価値がありますが、異業種へのキャリアチェンジを考えた際にも有効的です。例えば、動物関連の事業を展開する企業での福祉や管理の専門家として活動したり、ペット保険の会社で専門知識を生かす職に就くことも可能です。また、動物に関わる商品開発や、教育・啓発活動を行うNPOなどで、専門的な知見を活かすことができます。さらには、ペットのトレーニングや行動修正の専門家として独立する道もあります。動物医療の現場で学んだコミュニケーション力や問題解決能力は多方面での活躍が期待できます。

体力的な負担とその克服方法

日々の生活で、体力が必要不可欠です。しかし、勤務の長さや業務の負荷により体力的な負担を感じることは多いです。体力的な負担を感じた時、それをどのように管理し、どのような方法で克服するかが鍵となります。

体力を保つための生活バランス

体力維持のためには、日々の生活バランスが重要です。良質な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動が体力を保つための基本と言えるでしょう。十分な睡眠は、疲れた体を回復させるために不可欠です。夜更かしを避け、一定の睡眠時間を確保することが大切です。また、でんぷん質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく摂取することで、体力をつけるのに役立ちます。さらに、定期的な運動は筋力や心肺機能を向上させ、疲れにくい体を作るのに効果的です。これらの習慣を日々の生活に取り入れ、体力を保つための生活バランスを整えることが大事です。

職場での健康管理のポイント

職場での健康を管理することは、仕事のパフォーマンスを維持するためにも、非常に重要です。まず、長時間同じ姿勢で作業をすることは、身体に大きな負担となります。こまめに休憩をとり、ストレッチを行うことで体の緊張をほぐし、体力の消耗を軽減することができます。また、職場の人間関係のストレスも体力の低下を招く一因となります。円滑なコミュニケーションを心がけ、適度なストレスマネジメントを行うことが大切です。さらに、職場で簡単にできる運動や水分補給を意識することも、体力を維持するポイントになります。

動物看護師という職を選ぶべきか迷ったら

動物看護師という職を選ぶべきか迷ったら

新しい職を選ぶことは、一生に何度あるかわからない大きな決断です。自分に合っているかどうか、この職で未来を描けるかどうか、深く考える必要があります。ここでは、その選択における重要な検討ポイントを考えていきます。

職業適性と個人の価値観の検討

職業を選ぶ際には、自分の適性や価値観をしっかりと把握することが大切です。自分の得意分野は何か、どのような環境で生き生きとできるのかを知ることは、長期間その仕事を継続していく上でとても重要です。また、自分の価値観がその業界の風潮や社会的評価と合っているかも見極めるべきポイントです。その上で、現実的にはどの程度の収入が必要か、働き方は自分のライフスタイルに合っているか等、具体的に検討をしていくことが重要となります。

将来性と個人のキャリアプラン

どのような職業であれ、将来性を見据えることは重要です。特に、技術革新がめまぐるしい今日では、選ぶ業界の将来についてよく研究することが求められます。また、その職が自分のキャリアプランに合っているかどうかも重要な検討材料です。ある職に進んだ際、数年後、数十年後にどのような道が開けているのか、自分の希望するキャリアと照らし合わせることが必要です。

動物看護師として働く先輩にアドバイスをもらう

動物看護師の仕事の理想と現実のギャップを知り、心構えを持って挑むことで、挫折を乗り越えやすくなります。まずは、動物看護師として働いている方と話をすること、また可能であればインターンやアルバイトなどで実務経験を積むことがおすすめです。何よりも大切なのは自分自身を常にアップデートし、変化する世の中にしなやかに対応していく柔軟性を持ち続けることです。

ペットナース編集部

動物看護師に従事する全ての皆さまの就職・転職のお役立ちとなる情報を発信しています。